事故車を処分処分

事故車を処分処分

廃車って意外とめんどくさい

事故などで車が動かなくなってしまったり、年式が古くなったり走行距離がかなり言ってしまっているような車は、中古車としては価値がありません。たとえ車を買取に出したとしても二束三文の金額しかつかないか、最悪の場合0円であったり、買取自体を断られてしまうこともあるでしょう。

 

 

現に、私も13万kmほど走った年式も10年以上の車の買取金額を出してもらったら、なんとなんと3000円なんてことありました。まあ、結局新車を購入するときの下取りとして1万円にまで値上げできましたが、それでもゲーム機すら買えないような金額しかつかなかったときには衝撃を受けました。

 

 

 

もしも車を購入していなければそもそも金額すらつかずに買い取ってもらい無かったかもしれません。そんな買い取りされないような車はいったいどうすればいいのでしょうか。車の最終処分方法としては、廃車でしょう。

 

 

 

廃車とは車の登録を解除して、公道で走れなくすることです。解体するかどうかは個人の自由ですが、あんな大きなものなので基本的には解体して、ナンバープレートを陸運局へ返却することを一般的に廃車といいます。

 

 

 

廃車をすることは個人でも実は可能です。解体業者に車の処分をお願いし、車が解体されたということを証明する書類を発行してもらいます。その書類と、ナンバープレート2枚を持って、陸運局へ出向き、廃車の手続きを行うことで廃車が完了となります。

 

 

 

業者に頼むとどうしても委託料がかかるので、そういったお金を支払わなくて済むように自分で頑張って行ってみるのもいいでしょう。今はネットで簡単に廃車のやり方などを調べることができますので、手間がかかってもお金がかからないほうが良いと思う人は自分で行いましょう。

 

 

 

もちろん廃車専門の業者もいるので、お金を支払う事であとは全てお任せで簡単に廃車をすることが可能です。手間を掛けず楽に廃車にしたい人は業者に依頼する方が無難でしょう。

 

 

業者によっても値段がまちまちではありますが、自分で行うとどうしても書類上の不備があったりと何度も陸運局に出向くことにもなりかねませんので、自身のない人は業者に頼んでしまいましょう。